モアイの上のはとの巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京公園」(2011年 日本)

<<   作成日時 : 2012/02/17 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

他のレンタル作品の、最初に入っている予告編集で知った作品☆
気になったので借りて見た!

「東京公園」(2011年 日本)

東京の公園で、家族だんらんの写真を撮ることが好きな光司(三浦春馬)は、カメラマン志望の大学生だ。
ある日、ベビーカーを押して散歩する女性(井川遥)を撮っていると、突然現れた男性(高橋洋)に注意されるが。
後日その男性から連絡が入り、意外な事を頼まれる。


あまりどんなストーリーなのか分からないまま見始めた!
最初は単純に、カメラを構える三浦春馬ってカッコイイなぁ〜とかって思いながら見てたけど(*^-^*)/。
だんだん引き込まれていったかな☆
やっぱり女優陣が好演だったからかな!
榮倉奈々って、今まであんまり「上手い」とか思ったことなかったんだけれど。(ファンの人すいません(>_<))
この作品を見て初めて、「この女優さんイイ!」って思った(^-^)/

小西真奈美さんも、好きな女優さんの一人だ!
意を決してまっすぐに見つめるシーンは、淀みが無くって本当にドキっとした☆
その後の、台詞は無いんだけれど。黙って必死に自分の気持ちと闘っているシーンも良かった!
二人の長い沈黙とか、息を飲んでじっと見入ってしまったな。

死んだ親友と同居っていう設定もおもしろかった(笑)!
ってかこの設定、めっちゃSFなのに違和感無くて自然だった(笑)。
彼がそこにいるのが当然、みたいな(^-^)♪
井川遙の台詞が全く無いことにもびっくりしたな!
でも彼女の場合も、それが“自然”なんだよね〜☆
台詞が無くっても、彼女を見ていればその気持ちは一目瞭然ってぐらい、輝いていて柔らかな笑顔。
見ているこっちまで、思わず笑みがこぼれそうな〜(*>_<*)/

でも全体的に、このぼんやりしたまんま終わってしまう(>_<)。
いや、イイっちゃあイイんだけれど。
主人公の気持ちに、どういう風に決着がついたのか?
私にはハッキリ分からなかったので。
結局お姉さんとは、幼なじみとはどうするの!?って思ってしまったのですm(_ _)m。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「東京公園」(2011年 日本) モアイの上のはとの巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる