モアイの上のはとの巣

アクセスカウンタ

zoom RSS 「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」(2006年 日本)

<<   作成日時 : 2007/03/06 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

「どろろ」に引き続き、これも“今更ながら”ですが見に行ってきました(笑)
初めて劇場予告を見た時から、「おもしろそう〜☆」と思っていたのに・・・優先順位は低かったんですよ・・・(^^;)
今週で上映は終わってしまうらしいので、駆け込み観賞です(>_<)!!

「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」(2006年 日本)
画像

2007年。真由美は、母 真理子の葬儀でも借金取りに取り立てられていた。行方をくらました同棲相手の借金を背負わされたのだ。しかもどうやら母は自殺したらしい。しかし死体は出ていなかった。
そんな彼女の前に、「君のお母さんはタイムマシンで1990年に行った。」という男が現れる。彼は財務省特別緊急対策室の下川路だった。

下川路功:阿部寛
真由美:広末涼子
真理子:薬師丸ひろ子


おもしろかったです(*^_^*)♪
普通に始めから終わりまで楽しめました☆テンポ良くて飽きなかったし!
硬いこと考えてたら、多分楽しめない。
だって有り得ない&都合良過ぎなことばっかりの映画なんで、いちいち考えてたらキリ無がい(^^;)そもそも“タイムマシン”が存在するという根本的な設定自体が“有り得ない”んで(笑)
あとはもう、どこまでもその有り得なさで突っ走ってくれるというか(>_<)☆

「タイムマシンで未来から来た。」なんて言う母娘を、まともに扱う人なんていないだろうな〜。きっとバブル崩壊を食い止めるのも、うまくいかないんだろうな〜。と予想していたのですが。まさか黒幕があーゆー展開になるとは思わなかったので、素直にビックリした(^^;)
でも、一番ビックリしたのはラストのオチかも!!
きっと家族3人で仲良く暮らすラストで、めでたしめでたしなんだろうな〜とは思っていたけど。まさか総理にまで登りつめているとはw(゜o゜)w!!
これにはほんと、開いた口がふさがらなかった(^^;)

あと、少しまじめに考えたことは。
17年前ってついこの間。遠くない、近い過去って思ってたけど。
この映画見たら、どれだけ昔かということを思い知らされた!
まるで別世界のような、それこそ今で考えたら“有り得ない”世の中。
タイムマシン云々よりよっぽど有り得ない感じがして、そこがおもしろかった☆

広末涼子、久しぶりにスクリーンで見たかも。前に見たのは何年前?ジャン・レノの娘役だった「WASABI」か!?
でもこの映画は、広末の魅力っていうよりは、もう阿部寛の魅力爆発(*>_<*)!!
陰気で暗い、阿部寛。軽くて下心丸出しの阿部寛。父親な阿部寛。イイ男の阿部寛!そして、ついには国のトップに立っちゃう阿部寛!!と、様々な阿部寛が楽しめます(笑)
そりゃもう、これでもか!っていうぐらい(^^;)

レンタルでも十分楽しめる映画だとは思うけど、私は今日見に行って良かったと思った☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バブルへGO!!
バブル崩壊を食い止めるために、 阿部寛演じる財務官僚に頼まれ 広末涼子がバブル期にタイムマシンで行く話。 タイムマシンはドラム式??? 何故か洗剤まで??? ...続きを見る
競輪大河2006
2007/03/08 02:44
バブルへGO!!
「「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」(2006年 日本)」について バブルへGOはおもろい。さすが阿部さんです。90年代前半でバブルがはじけてしまいました。それをとめる為にタイムマシンで1990年にタイムスリップします。このタイムマシンがドラム式の洗濯機の時点で面白いです。 「ここ笑う所」って言ったのはうけた。たしかに笑う所なのか分からない。最初から借金取りが出てきてかわいそうな感じです。でも、全然違うんですよね。借金取りから500円借りてたし。 ...続きを見る
サイレンス
2007/03/09 13:56
WASABI
しがない豪腕はちゃめちゃ刑事だったジョンレノは、ある日、自分には娘がいる事を知る。しかも任務に娘のガードを頼まれる。 ...続きを見る
映画や本を淡々と語る
2007/03/24 18:00
阿部寛さんのお名前は?
ドラマに映画に大活躍の俳優、阿部寛さん。ドラマでは、ニヒルで自己中心型で協調性のない、口の悪い中年男を演じることが多いのですが、実生活では、とても謙虚で人間的にもすばらしいと業界関係者は口をそろえるそうです。 ...続きを見る
良運の命名と姓名判断
2007/04/14 13:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、この映画面白かったですね。
バブル期ってあんなだったのでしょうか、今ではありえない別世界のように感じました。
個人的にはバブル期の阿部寛が面白くて良かったです。
金作
2007/03/08 02:49
金作 様☆
ご訪問&コメントありがとうございます!
ほんと、たった17年前なのに。“別世界”を見ている様な気になる(笑)。
そこも、この映画のおもしろさの一つですよね♪
マキサ
2007/03/08 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」(2006年 日本) モアイの上のはとの巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる