モアイの上のはとの巣

アクセスカウンタ

zoom RSS ブックカバー

<<   作成日時 : 2007/02/09 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

私は常に、カバンに文庫本を一冊入れています。
バスが遅れて、バス停で待たされる時。渋滞でバスにいつもより長く乗る時。文庫本があったら、イライラせずに自分の時間が過ごせると思うので☆他にも、病院の待合室とか、歩き疲れたり時間調整でカフェに入った時とか(*^_^*)。
で、持ち歩く文庫本には必ずカバーをつけることにしています!
バスとかで周りで本読んでいる人がいたら、何を読んでいるか気になったりしません(^^;)??私はなるんですよ〜思わずタイトルとか見て、「へぇ〜この人はこんな本を読んでるんだ〜」とか思ったり(^^;)だから、自分が読む本にはカバーをかけます(笑)。
あと書店で付けてくれるカバーだと、なんか本に愛着持てないんで(>_<)適当にカバーになりそうなものを自分で見つけてカバーにする(^-^)。その方が「自分の本!」っていう気持ちが高まって、読むぞ!って気になれるし( ^ー゜)b
ブックカバーとしてよく利用するのは包装紙☆しかも上質なものじゃなくて、お菓子とか包んであるやつ(笑)職場で出張のお土産にもらったものとか、利用しまくり。写真のカバーも、和歌山のお土産でもらったオレンジクッキーの包装紙と、東京のお土産「チーズうさぎ」のものだし(*^_^*)
お土産の包装紙って、色鮮やかでかわいいし、しっかりした紙質だし。捨てるのもったいないな〜と思ったことがきっかけです☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜!
お邪魔します☆
昨日は、うちのブログにコメント残していただいて、ありがとうございました♪
↓マリーアントワネットのところ、見させていただきました☆
まさに!!ホントに私の感じたとおりの事が書いてあって、同じ感想な方がいらっしゃって、とってもうれしいです♪
今日の、文庫本カバー、のお話。
私も、以前は、同じ様に作ってました(笑)
包装紙等で☆
いまは、面倒になってしまって、ブックカバー、買っちゃいます(汗)
確かに、人の読んでいるものって、何故か気になってしまいます(笑)
りい
2007/02/09 23:36
ブックカバーはよく使うなぁ。今までにもいろいろ使って見たけど、一番のお気に入りはハンズで買った皮製のカバー。なんていうか、お財布みたいに使えば使うほどツヤが出てきて味のある仕上がりになってきます。
しかしエライ!手作りでカバー作ってるんですね♪それも各地の名産ってのがおもしろいなぁ。旅先なんかで使うと、どこで買って読んだのか一目でわかりますね。これも一つの思い出の品。
Missy
2007/02/10 00:19
りい 様☆
ご訪問&コメントありがとうございます!
ブックカバー、私も買うことはあります☆
でもなかなか、好みの物に出会いません(涙)
そうですよね!人の読んでいる本って気になりますよね!?覗き込んでみたりしてみたくなっちゃいます(^^;)オイオイ

Missy先輩!
こんばんわです☆
皮製のカバーなんて、カッコイー☆
しかも使えば使うほど味が出るって嬉しいですよね!
マキサ
2007/02/10 20:01
初めてまして。
ときどき拝見させていただいておりましたが、コメントは初めてです。

昔々の本屋さん。
魔法のように鮮やかな手つきで、小さなはさみを使って、背表紙の厚み分、カバーの紙に切れ込みを入れ、それをぱっと折込んでぴっちりと気持ちのよいカバーをかけてくれました。
現在多い「にわか書店員」には真似の出来ない職人芸。

今でもその手つきを思い出しながらカバーをかけています。包装紙の再利用はその紙にまつわる想いでも一緒に残せるような気がします。
aosta
2007/02/19 12:13
aosta 様!
ご訪問&コメントありがとうございます☆
自分でカバーをかけると分かるのですが。ぴったりサイズにカバーをかけるのって、難しいんですよね(^^;)。どうも端っこが余ってしまったり、少しグスグスだったり。
その時初めて、本屋さんの技の凄さを思い知るのです(>_<)!
それに「にわか書店員」の増加は悲しいです。
よろしければまた、覗いて下さいね。
私もお邪魔させてもらいます☆
マキサ
2007/02/19 23:36
おはようございます。

>どうも端っこが余ってしまったり、少しグスグスだったり。

そうそう!
そうなんですよね。カバーと本の本体が表裏一体となって、初めて手の中で落ち着くような気がします。

学生の頃、吉祥寺の東京堂書店(今は、もうありませんね)でアルバイトをしていた際、社員の方の気合に圧倒されっぱなしだったことをおもいだしました。カバーのかけ方だけでなく、どのひとも本に対するこだわりがありました。

今の書店員さん、本が好きという人がどのくらいいるのかしら(哀)!

aosta
2007/02/20 06:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブックカバー モアイの上のはとの巣/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる